風邪気味の時の利用方法とオススメの精油について

風邪気味のときにオススメな利用方法は、蒸気浴です。
風邪を引いている時は、のどや鼻の粘膜にばい菌がくっついて炎症を起こします。そんな時に、殺菌効果や抗炎症効果のある精油を蒸気と共に吸い込むと、ばい菌の活動を弱めて不快な症状を改善することが出来るのです。
一番良い方法は、洗面器などに熱いお湯を張り、精油を数滴落とします。その後頭からタオルをかぶり、洗面器まですっぽりと覆います。
そうすると蒸気が逃げずに、しっかりと吸い込むことが出来るので、精油の効果を最大限に得ることが出来るのです。
用意が面倒だという人は、コップにお湯を注いで精油を数滴垂らす方法でも良いでしょう。

 
のどや鼻から、蒸気を吸い込むことで効果を得ることが出来ます。
また、入浴する時に精油を利用するのもオススメです。
蒸気から精油の成分を吸収できるのに加え、皮膚から体内へと有効成分が浸透していくので、更に高い効果を得ることが出来るでしょう。
他の家族がいる場合は、自分が最後に入るか、精油の量を少なめに調整して行いましょう。
いずれの場合も、オススメな精油はラベンダーやユーカリ、ティートリーなどの抗ウイルス効果・抗炎症効果の高い精油です。
小さなお子さんがいる場合は、ラベンサラなども良いでしょう。