パッチテストの方法と必要性について

市販のカラーリング剤などをみると「パッチテストを行ってから使用してください」というようなことが書かれています。
これはカラーリング剤に限ったことではなく、皮膚につけるものである以上、かぶれないか、皮膚が赤くならないか、またそれ以上の何らかの変化が起こらないかをチェックすることはとても大切だからです。特にアレルギー体質の人の場合、アレルゲンがふくまれていたとなると、最悪の場合生命の危機にさらされてしまわないとも限りません。

 
ではそのテスト方法はどうすればよいのでしょうか。
一般的には使用しようと思うものを前腕部の内側に少量(一滴~二滴程度の量)つけてみて、24~48時間放置するという方法をとります。これは前腕部の内側は皮膚が薄いため反応がわかりやすいこと、自分の目につきやすいことが理由です。もしより正確に試したいというのであれば、市販の絆創膏やガーゼに試したいものをしみこませ、肌に付着させたまま48時間放置するとよいとされています。このとき入浴したり、また逆に汗をかいたままだと通常のテスト結果とならないため注意が必要です。

 
どちらにしても48時間以上経過して何の変化もなければ、心配ないといえるでしょう。しかし何らかの変化が現れた場合は、充分に成分を流水であらいながして、経過がおもわしくなければ皮膚科を受診するようにしましょう。”