バスタイムを充実させたい時の利用方法とオススメの精油について

バスタイムをリラックスするのに、沐浴法は半身浴法が汗もたくさん出てお勧めします。手作り化粧品で、重曹とクエン酸でバスフィズを作ったり、天然塩に精油を混ぜるたりした、バスソルトなど手作りのバス製品は、お風呂も充実します。精油は好きな香りでもいいですが、リラックスしたいならラベンダー、ダイエットならグレープフルーツ、鼻詰まりならユーカリの精油などを使うと効果的です。夏などは、ミントの精油もメントールのスーとした香りが汗をひき、デオドラント効果もあってよいでしょう。ローズの精油は高いですが、特別な日に使ってみるとローズのゴージャスな香りで細胞を成長する効果があるので、美肌効果を狙ってもみるのもよいのではないでしょうか。ゼラニュウムとメリッサはパニックやショックなことがあったときに使うと精神的にも安心できます。不安なときはお風呂で好きな香りにつつまれるとかなり落ち着いてゆっくりと眠れる効果もあります。沐浴法もあまり熱いお湯でなく、ぬるめのお湯でしっかり入るほうが身体も芯から温もります。身体の変化などで、精油を変えて入浴してみると、自然な感じで感じで体調管理もしやすいです。香りでいろいろな効果があるのでお試ししてください。